もう花粉レーダーが反応した人がいる?気になる2016年春の花粉症

pollen

www.flickr.com

花粉の少ないスギへの植え替えが行われていますが、まだまだその効果が現れるのは数十年先…。春になると辛い花粉シーズンは訪れてしまいます。毎年飛散時期や量など微妙に違うので、そろそろ気にかけている人も多いのではないでしょうか?ネットではすでに花粉が飛び始めたという投稿がチラホラ見受けられます。公式発表はまだありませんが、敏感な人は喉や花のムズムズを感じ取っているようです。しかし、年明けにもPM2.5が環境基準を超える予報が発表されているので、そちらが原因なのかもしれません。

2016年スギ花粉の飛散開始はいつ頃?

pollinosis
www.flickr.com

昨年末から西日本と東日本では冬型の気圧配置が長続きせず、お正月も平年より暖かなところが多かったです。1月2月もその傾向があり気温は西日本と東日本では平年並みか平年より高く、前シーズンより飛散開始は早くなりそう。

北日本では北からの寒気の影響を受け、飛散開始は例年並みの見込みです。昨年からエルニーニョの影響で暖冬傾向、よって休眠覚醒時期は例年よりやや早まると予測しています。

花粉飛散量は?

関東甲信地方・中国地方は前シーズン並みかやや多め、北海道・東北地方・北陸地方は前シーズンより下回りそうです。東海・九州でピンポイントに前シーズンの2倍ほどの花粉飛散量になるところも。花粉の飛散量は、前年度の夏の気象条件(気温が高い・日照時間が多い・雨が少ない)が大きく影響します。昨年の夏は暑い時期が短かったのでで、平年より少なくなるということです。

Ka-choo!
www.flickr.com

毎年のこととはいえ、症状がある人にとっては辛い時期です。ピークが春先なので、その頃対策を始める人がいますが、1月中には始めておきたいところ。早め早めが肝心です。また、体質や疲労によっても左右されるので、いつも以上の体調管理で春を楽しみましょう。

コメントを残す