ニキビ・肌荒れが治らない!もしかして顔にいる〇〇が原因かも?の新事実

Soap

www.flickr.com

「数万匹のダニが毛穴にいる…」そう聞くと気持ち悪いですよね。でも実は、誰の顔にもいるダニが生息しています。顔ダニ・ニキビダニなどと呼ばれているのは、顔は身体の中でも皮脂量が多いため、ダニが多く住みつくことから。すべての哺乳類の皮膚にほぼ寄生し、成人の97%に寄生していたというショッキングな報告があるくらいです。

バランスが崩れると…

wash
www.flickr.com

顔ダニは普段は毛根の中に住みつき、皮細胞や皮脂をエサとして食べ、肌を調整してくれているので、多少は皮膚にいた方が美肌にはよいとされています。

でも、数が多すぎると死骸や排泄物が増え、毛穴が詰まりやすくなるためニキビや肌荒れの原因になり、少なすぎると皮細胞や皮脂が増えてニキビや肌荒れになりやすい。
多くても少なくても肌荒れの原因を作ってしまい、目に見える訳でもなく、自分で確認できないのもいいような悪いような…顔ダニの数のバランスを保つのは至難の業でしょうか。

対処方法は?

では、どうバランスをとっていけばいいのか?顔ダニの増殖を防ぐためには、食生活を正して脂っこいものを控え、皮膚は洗い過ぎず、適度な睡眠を心がけること。清潔にしていれば普通は悪さをしない顔ダニですので、まずは基本の洗顔を実践し続けてみることからスタート!

Towel
www.flickr.com
  • 手には雑菌がたくさんついています。肌荒れの原因になるので、洗顔の前にまず手洗い
  • 35度くらいのぬるま湯で顔を洗い、毛穴を開いて汚れを落としやすく
  • 洗顔料を泡立て肌への摩擦を軽くする

数万匹のダニが毛穴にいると思うと気分はよくありませんが、肌にとっては必要なものと捉えて共存しながら清潔な肌を心がけ、健康なお肌を作っていきましょう。

コメントを残す