あなたはどちら派?素手VSコットン化粧水のオススメなつけ方

Beauty Products

www.flickr.com

涼しくなってくると、お肌のお手入れも秋冬モードになってきます。そろそろしっとり感が欲しいなとか、乾燥が気になるとか、季節の変わり目は普段のお手入れに増して気になることが多いですね。
化粧水をつけるとき、手とコットンはどちらがよいのというお話はよく聞きますが、果たして実際はどうなのでしょう?

自己流になっていたり、つい自分のクセで適当になってる場合があり、つけないとお肌に悪そうだから取り敢えずチャチャっと塗っておこう…
ちょっと待って!毎日のつけ方でお肌も変わります!
今回はエイジングケアの視点から、手とコットンでの化粧水のつけ方を調べました。

どちらも間違いではない!?

無印化粧水さっぱりタイプ
www.flickr.com

結論を先にいってしまうと…どちらを使っても正解なのです!どちらが間違いという訳じゃなく、正しい使い方には違いはない。
ですが、エイジングケアを重視し調べると、コットンよりも手という結果が圧倒的に多かったです。
理由は手の温度で化粧水が浸透しやすくなること、お風呂あがりなどお肌の中に水分がある状態で、化粧水を手で温めると一層効果があること。

一方コットンは顔全体にムラなく均一に化粧水をなじませることができ、コットンの方が1.5倍近くも角層の水分量が多くなったと某化粧品メーカーではコットン推しです。
エイジング世代は敏感肌やゆらぎ肌の状態、女性ホルモンのバランスが崩れている時期など以前と違う場面もあります。コットン派の方も、そんな日は手でなじませてもいいですね。日々コンディションも違いますから、一つの方法にこだわることもありません。

ハンドプレス

G.Canaria-113
www.flickr.com

エイジングケア的には、コットンによるパッティングに比べて手の方が刺激が少ないのがオススメの理由といえます。エステなどプロの方がやってくださるコットンの使いは優しくお肌に触れてくれるのに対し、自分だとついゴシゴシ、ペチペチと力任せになりがち。その摩擦が時には刺激的過ぎるのかもしれません。

コットンの弱点は繊維の硬さで肌を傷めることです。化粧水量が少なかったり力を入れてしまったり。

では素手でどうつけるのがいいのか?最近増えつつあるのがハンドプレスという使い方。
適当量を手に取り、両手のひらに付着させて肌に押し当てる。または、手に取った化粧水を指でつけてから、手のひらを肌に押し当ててもいいでしょう。最低10秒はそのままプレス、あとはゆっくりと手を離します。

その日その日でお肌の状態も違います。特にエイジング世代はゆらぎ肌になり敏感です。
どちら派ではなく、たまにはお肌と相談しながら労ってあげましょう。

コメントを残す