寝るときの格好を見直してみませんか?──パジャマから真夏の睡眠環境を整えて

Pyjamas - Kurzarm-gestreiften Pyjamas

www.flickr.com

各地で記録的な猛暑となっている今年の夏。まだ7月だというのにこの暑さは「熱い」と書きたくなります。体力を奪われ体調を崩しやすくなっていますし、身の危険を感じるほどの暑さとは身体に堪えます。
日中はクーラーや扇風機を上手に使っての暑さ対策はもちろんですが、眠っている間や目覚めたときの温度や快適さにも気を配りたいもの。

寝具やパジャマを見直すだけで、身体へのストレスをなくし睡眠の質を上げられるそう。意外と軽視されがちなパジャマですが、私たちの快眠と深い関わりがあるようです。

ポイントは素材

18"doll pajamas
www.flickr.com

パジャマや寝具の素材をしっかり選ぶことで、自分にあった睡眠環境を整えてみましょう。寝具を選ぶときと似ていますが吸湿性、吸水性が優れ、肌触りが良いものがいいですね。

まず身体に熱がこもらない、圧迫しない素材を選びましょう。「綿」「ガーゼ」など繊維の目が粗く通気性がよくて肌との接触を抑える素材が夏向き。

寝苦しい夏でも明け方は気温が下がるので短パンなど肌の露出が多いものは避けた方がいいそうです。とはいっても長ズボンは暑いので、七分丈のパジャマを着るなどの方法が効果的です。
生地の表面がデコボコしている楊柳生地はステテコなどに使われているもの。肌にまとわりつかず快適に過ごすことができるのでオススメ。

逆にNGな素材はというと…
ヨレヨレになったからパジャマにしちゃおう!とよく着るものにジャージ、スウェットがありますが、吸湿性、吸水性が悪くまた静電気が起きやすく身体にまとわりついてしまうため、寝返りが多くなったり実は寝心地はよくありません。

一日のはじまりを気持ちよく迎える

Tea & Pajamas
www.flickr.com

無印良品には首回りのタグや両サイドの縫い目など、肌に触れる部分を取り除いたストレスフリーなパジャマがあります。オーガニックコットンを二重で編み立てたという生地は肌なじみ抜群ですし、コンセプト通り眠っている間や目覚めたときの着心地を考えて作られています。

寝室は1日の4分の1以上を過ごす場所です。パジャマにも気を配って、自分にとって心地よい眠りを演出してみてもいいですね。身体へのストレスをなくし、睡眠の質を上げるのに一役買ってくれること間違いなし!

パジャマを替えてみるだけで、こんなにも違うんだ!と実感されるかもしれません。
日中暑さで疲れた身体を癒すべく、見直してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す