ピリリと刺激的!しびれる辛さの魔法のスパイス「花椒」が今人気

花椒 Chinese Prickly Ash

www.flickr.com

中華料理のあの独特な香り、麻婆豆腐の味付けとしてお馴染みの花椒が人気を集めているそうです。今年に入ってからスナック菓子のカラムーチョ「椒辣辛味噌」、お弁当で人気のチキチキボーンから「四川風麻婆味」が発売されました。

辛いものブームも手伝ってか、確かに最近ではスパイスコーナーで見かけるようになった気がします。粉末タイプも売上が伸びているそうなので、家でも外食の味を再現したり、花椒を使ったレシピも増えているのかもしれませんね。

山椒と花椒

Mapo tofu 麻婆豆腐
www.flickr.com

花椒は中国名で「ホアジャオ」と読み、日本語読みで「かしょう」と呼ばれます。
「四川山椒」「中国山椒」といわれることもあり、ホールのまま売られていたり、粗挽き、粉状に挽かれています。

山椒とは近縁種で、同じのものとして扱われることもあるそうです。
確かに見た目もスパイシーさも似ていますね。
花椒が果皮のみを使用するのに対して、山椒は実、若葉、花、木の芽、幹の皮など、色んな部分が薬味や飾りとして使われ、花椒は熟した実を乾燥させて作るのに対し、山椒は熟す前の果皮を粉末にしたものです。

痺れるような辛さが特徴的で、辛いのにどんどん食べたくなる魔法のようなスパイス。これが人気の秘密ではないでしょうか?後を引く美味しさって癖になるというか、たまに無性に食べたくなるものです。

オススメ「花椒」を使ったレシピ
大根の花椒漬け

花椒
www.flickr.com

大根を1cm角の拍子木切りにし、ボウルに入れて塩を振り、混ぜてそのまま30分置く

・花椒(ホール)大さじ1
・醤油 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・酢 大さじ3
大根の水気を切り、液に漬けこむ

(エスビー食品レシピ 大根の花椒漬け参考)

 

コメントを残す