これ一つで何通りカバーできちゃう?お肌だけじゃもったいない、ヴァセリンの可能性

untitled

www.flickr.com

@コスメなどのランキングで常に首位で大人気アイテム「ヴァセリン」。その歴史は長くマリリン・モンローがメイク下地として愛用していたのは有名なお話だそうです。世界90カ国以上で愛され続けるスキンケアアイテムは、日本でもにわかに愛用者が増えつつあるとか。その人気の裏には何があるのでしょう?

皮膚科医も薦めるのには訳がある

防腐剤やステロイドなど一切含まれていないので、肌への刺激が少なく無味無臭・無香料。小さなものは300円前後で手に入れられ、扱っているお店が多いのもその理由の一つでしょうか。通販じゃないと買えないものは、どこか特別な感じがして効きそう?と思いがちですが、意外と身近にもいいものってあるんですよね。

Vaseline
www.flickr.com

ある皮膚科医曰く「とにかくヴァセリンは家の常備品にしておくと、肌荒れやちょっとしたお肌の不安を取り除いてくれる優れもの」と表現します。

いろいろな塗り薬あれど、結局のところ昔からある安全な使い慣れているものに優るものはありません。寒暖に影響されず凍らない、溶けないため高い品質保持力があるので、馬油のようにドロドロ液状になることもなく清潔に保存できます。

お肌以外の使いみち

Marilyn Monroe Screen Stories
www.flickr.com

「ヴァセリンをまつげに塗ったら伸びたという人がいる」らしいですが、科学的にはまつげが伸びる根拠はないそう。しかし実際に伸びたのは、ヴァセリンによって保湿されたまつげは栄養を保護されて成長したのではと考えられています。

このようにお肌以外にも、綿棒で鼻の入り口に塗ると花粉を吸着し鼻の奥に侵入するのを防いでくれたり、髪の毛にちょこっと付けてパサつきの応急処置に使えたり、お化粧ポーチにぜひ忍ばせておきたいアイテムですね。但し、お肌が弱い人や治療中の人は、皮膚科医に相談してください。

コメントを残す